東芝クライアントソリューション株式会社

ホーム > 会社情報 > お知らせ > 東芝クライアントソリューション株式会社の株式譲渡契約の合意等について

お知らせ

東芝クライアントソリューション株式会社の株式譲渡契約の合意等について

2018年6月5日
東芝クライアントソリューション株式会社
取締役社長 覚道 清文


 東芝クライアントソリューション株式会社(以下、当社)につきまして、株式会社東芝(以下、東芝)が6月5日発表した通り、東芝が100%保有する当社株式のうち、80.1%の売却について、シャープ株式会社(以下、シャープ)と合意に至ったため、株式譲渡契約を締結いたしました旨ご連絡致します。当社は、本件譲渡予定を2018年10月1日とし当社はシャープグループ傘下となり事業を継続致します。

今般の再編にあたっては、一部IoT事業(*)を除き当社が現在ご提供しているPC・IoT事業の全てが承継されます。また、当社開発・生産・販売・サービスを担う各拠点・機能・体制につきましても原則現状のまま移管をされる予定です。商品・ソリューション・サービスにつきまして今までどおりのご提供をさせて頂く予定です。 (*)英国にて展開中のスマートメーター用伝送装置事業

これまで30年以上にわたり培ったノートパソコン等の技術力、販売・サービス力を背景に、今後はシャープグループの一員として、相乗効果を発揮しつつ、当社事業基盤の更なる強化と技術の革新を通じ、引き続きお客様へご満足の頂ける商品・ソリューション・サービスのご提供を目指して参ります。

今後とも何卒変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

注:2018年6月5日付株式会社東芝適時開示URL:http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20180605_2.pdf

敬具

マークのついているものは別ウィンドウが開きます。