東芝クライアントソリューション株式会社

ホーム > ソリューション/サービス 個人のお客様 > 東芝PC移行作業代行サービス > FAQ

東芝 PC移行作業代行サービス

よくあるご質問

本サービスの対象以外の設定やデータは、移行してもらえないのでしょうか?
本サービスでは、
  • (1) Outlook Express(Windowsメール、Windows Live メール)の設定とデータ(※1)、Outlookの設定とデータ(※2)
  • (2) Internet Explorerの設定(※3)
  • (3) マイドキュメントのデータ
  • (4) デスクトップ上のデータ
について、移行作業させていただきます。なお、対象外のデータ移行につきましては、お客様のご要望に応じた内容にて、別途有償サービスとして代行させていただきます。ただし、「著作権に関するデータ」の移行作業はいたしません。

■ 有償サービス(オプション)

  • データ移行 3,150円(税込)~ ※4GBまでのデータ移行作業
  • プリンタ設定代行 3,150円(税込)
  • その他の設定につきましては、ご相談ください。
  • ※1 Microsoft Outlook Express 6 SP1以上
  • ※2 旧PCは、Outlook 2000以上
  • ※3 Microsoft Internet Explorer6 SP1以上
本サービスの移行対象フォルダ以外に保存してあるデータ(写真・文書など)は、移行してもらえないのでしょうか?
本サービスでは、対象フォルダ内のデータ移行のみが作業となりますが、別途有償サービスとして追加作業をご注文いただくことができます。
または、若干お客様にお手数をおかけしてしまいますが、お客様の方で事前に、対象フォルダ(マイドキュメントやデスクトップ)にご指定のデータをご移動いただければ、無料作業の中でお受けできます。いずれかの方法をご検討ください。
ただし、「著作権に関するデータ」の移行作業はできません。

■ 有償サービス オプション

データ移行 3,150円(税込) ※4GBまでのデータ移行作業

本サービスの移行するデータの容量は、上限がありますか?
本サービスでは、移行対象フォルダ内の対象データであれば、容量の上限はございません。
(遠隔サポートは対応時間100分以内に移行できるデータ量となります)
対象のクレジットカードはなんですか?
対象のクレジットカードは次のとおりです。
UC、VISA、MASTER、JCB、ダイナース、アメリカン・エキスプレス、DC、オリコ、UFJ、NICOS、ライフ、MUFG
対象のクレジットカードを持っていません。他の支払い方法はありますか?
申し訳ございません。お支払い方法は対象の「クレジットカードのみ」となります。
クレジットカード以外の支払い方法はありますか?
申し訳ございません。お支払い方法は「クレジットカードのみ」となります。
コンビニでの振り込みはできますか?
申し訳ございません。お支払い方法は「クレジットカードのみ」となります。
自分で往復宅配便を申し込んで、PCを送っても良いですか?
送料につきましては、輸送の際の専用梱包箱、および、お客様のPCの輸送時補償も含まれた料金となっております。また、お客様による輸送は、輸送時補償の観点から、本サービスとしては、お受けしておりませんので、ご了承いただけますようお願いいたします。
本サービスを申し込んだ後に、キャンセルはできますか?
  • 【引取サポート】
    PCをお引取り後にキャンセルされた場合、送料はお支払いいだだきます。
  • 【遠隔サポート】
    サポート前日までにキャンセルのご連絡をいただいた場合、お受けいたします。
  • 【訪問サポート】
    サポート前日の15:00までにキャンセルのご連絡をいただいた場合、お受けいたします。
    訪問当日のキャンセルは承れません。
データの移行後、旧PCはそのまま破棄してもらえますか?
本サービスでは、データの移行作業の正常完了をお客様ご自身にご確認いただくため、旧PCは、作業終了後必ず一度返却させていただきます。返却後、お客様ご自身により、「東芝dynabookリサイクルセンタ」へお申し込みをお願いいたします。

東芝dynabookリサイクルセンタ

本サービスの申し込みは、電話やFAXでもできますか?
Webページでのみの受け付けとなります。電話やFAXではお受けしておりません。
引き取り後、どのくらいでPCは戻ってきますか?
およそ5~7日間を予定していますが、輸送の交通事情や応募多数の場合は若干遅くなる事をご理解ください。
PCが無いと困るので、もっと早く戻していただくことはできますか?
「引取サービス」以外にもデータ移行サービスをご用意しております(有償になります)。
  • 【遠隔サポート】
    オペレーターがお客様のPC画面を遠隔操作して、データ移行作業を代行するサービスです。
  • 【対面サポート】
    新PCと旧PCを「東芝PC工房」にお持ち込みいただき、スタッフが相談を受けて作業を代行いたします。
  • 【訪問サポート】
    スタッフがお客様のご自宅を訪問して設定作業を代行いたします。Windows 8.1の基本操作レッスンも受けられます。

dynabookに搭載されている「PC引越ナビ」をお使いいただき、お客様自身でデータ移行をすることもできます。
「PC引越ナビの手順」について

パスワードを設定している場合は、事前に解除が必要でしょうか?
サービスお申し込み時に確認させていただきます。
新PCは初期セットアップ済みで、引き取ってもらうのでしょうか?
お客様によるPCの動作確認と、セキュリティの観点から、必ず、事前に初期セットアップを済ませていただく必要がございます。
初期セットアップの手順については、dynabookに同梱の『スタートアップガイド』をご覧ください。
「遠隔サポート」の「データ移行作業」はいつ対応してもらえますか?
データ移行作業の対応(実施)時間は以下となります。

月曜日~金曜日 9:00~11:45 13:00~17:00
(土・日曜日、祝日、年末年始等当社指定休日を除く)

「遠隔サポート」は週末でも行ってもらえますか?
「遠隔サポート」データ移行作業の対応(実施)時間は、月曜日から金曜日です。
土・日曜日、祝日の対応は行っていません。
東芝製以外のPCでも本サービスを受けられますか?
新PC(データ移行先のPC)は東芝製国内モデルのPCのみが対象です。
旧PC(データ移行元のPC)は他社製のWindows搭載PCも対応いたします。
新PCと旧PCに同名ファイルがデータ移行対象フォルダに存在した場合、旧PCの情報に上書きされるのでしょうか?
新PCのデータは上書きされ、消去されますのでご注意ください。
新PCに必要なデータがある場合は、事前にバックアップをお願いいたします。
「第三者が著作権をもつデータは移行できません。」とありますが、具体的にはどのようなデータですか?
主に音楽や映像など第三者が著作権を持つデータとなります。
旧PCの環境がWindows Vistaでも本サービスを受けられますか。
本サービス対象の旧PC(データ移行元のPC)の環境は以下となります。
Windows® XP / Windows Vista™ / Windows® 7 / Windows 8
  • ※1 日本語版Windowsに限ります。
  • ※2 マイクロソフト社が提供している最新のService Packを適用していること。
  • ※3 「Internet Explorer 6 SP1」以上のバージョンであること。
データ移行の対象となるInternet Explorerのバージョンに制限はありますか。
データ移行が可能なバージョンはInternet Explorer 6 SP1以上となります。
Windowsの種類には依存しません。
新PCのバージョンはInternet Explorer 10/11です。
(搭載されているWindowsのバージョンにより異なります)
新PCへ移行されるInternet Explorerの設定は、どのような項目ですか。
Internet Explorerの設定で、新PCへ移行される項目は、以下となります。
  • ・お気に入り
  • ・RSSフィード
  • ・Cookie
  • ・ホームページ(スタートページ)
    [インターネットのプロパティ]-[全般]-[ホームページ]の情報
  • ・ローカルエリアネットワークの設定
    [インターネットのプロパティ]-[接続]-[ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定]に含まれる情報
本サービスのデータ移行の対象となるOutlook Express、Windowsメール、Windows Liveメールのバージョンは何ですか。
データ移行が可能なOutlook Express、Windowsメール、Windows Liveメールのバージョンは以下となります。
Outlook Express 6 SP1以上/Windows メール/Windows Live メール/Windows Liveメール 2011

※ Windows Vista™では、Outlook ExpressからWindows メールへ名称が変更になりました。

本サービスでデータ移行されるOutlook Express、Windowsメール、Windows Liveメールの設定とデータは何ですか。
Outlook Expressでは、[ファイル]-[ユーザー]-[ユーザーの管理]機能で、新規ユーザーの追加ができますが、データ移行の対象となるのは、初期状態で登録されている「メイン ユーザー」の情報です。
新規に追加したユーザーは、データ移行の対象となりません。
Outlook Express、Windows メール、Windows Live メールの設定とデータで、新PCへデータ移行できる項目は、以下となります。
  • ◎ アドレス帳
    Windows Live メールで新PCへアドレスを既に登録している場合は、新PCのアドレス帳を削除して、旧PCのアドレス帳と入れ替わります。
  • ◎ メールデータ
    Windows Live メールで新PCのメールを既に使用している場合は、新PCのメールデータを削除して、旧PCのメールデータと入れ替わります。
  • ◎ アカウント情報
    データ移行の対象となるアカウント情報は、メールアカウント、ニュースアカウント、ディレクトリサービスアカウントです。
  • 新PCでアカウント情報を既に登録している場合は、新PCのアカウント情報を削除して、旧PCのアカウントに入れ替わります。
データ移行の対象となるOutlookのバージョンに制限はありますか。
データ移行の可能なバージョンは以下となります。
旧PCのOutlookのバージョンは、Outlook 2000、Outlook 2002、Outlook 2003、Outlook 2007、Outlook 2010、Outlook 2013です。
新PCのOutlookのバージョンは、Outlook 2013に限ります。
  • ※ Outlook 2000からOutlook 2013へは、データ移行できません。
  • ※ Outlook 2002/2003の個人用アドレス帳は、データ移行できません。
本サービスでデータ移行されるOutlookの設定とデータは何ですか。
Outlookの設定およびデータで引っ越しの対象となるのは、現在、ログインしているユーザーが作成したプロファイルに含まれる設定とデータです。
プロファイルを複数作成している場合は、すべてのプロファイルの設定とデータがデータ移行の対象となります。
  • ※ Outlookのプロファイルについて
    Outlookでは、Outlookを使う上での情報をプロファイルにて管理しており、[コントロールパネル]-[メール]または、Outlookの中で作成することができます。
    Outlookでは、複数のプロファイルを作成し、それらを切り換えて、環境を変えながら使用する事ができます。Outlookの設定およびデータで、データ移行の対象となるのは、以下の項目です。
    ※ 項目を個別に引っ越しすることはできません。
  • ◎ 個人用フォルダに含まれるデータ
    旧PCのローカルハードディスクに存在している個人用フォルダに含まれるデータをデータ移行します。既に新 PCで個人用フォルダを使用している場合は、旧PCの個人用フォルダと入れ替わります。
    個人フォルダイメージ
    個人用フォルダに、連絡先(アドレス帳)が含まれております。
    • ※ イメージは、Outlookのバージョンにより異なります。
    • ※ Outlook 2010では「個人用フォルダ」が「Outlookデータファイル」と表記されています。

  • ◎ 電子メールアカウント設定
    電子メールアカウント設定(Exchange Server、POP3、IMAP、HTTP)をデータ移行します。 既に新PCで電子メールアカウント情報を登録している場合は、削除されて、旧PCの電子メールアカウントに入れ替わります。
  • ◎ その他の設定
    • ・個人アドレス帳(通常は存在しません。ユーザーが追加すると作成されます)
      ※Outlook 2013へはデータ移行できません。
    • ・仕訳(仕分け)ルール
    • ・署名(作成するメールの種類に対応して3種類。html、rtf、txt)
      既に新PCでこれらの設定を使用している場合は、削除されて旧PCの設定に入れ替わります。

サービス担当窓口

東芝PCサービスサポート連絡先

受付時間

月曜日~土曜日 10:00-12:00 / 13:00-18:30
(日曜日・祝日・当社指定の休日を除く)

マークのついているものは別ウィンドウが開きます。